作品提出形式について

お久しぶりです、四家です。
今週金曜日は6月番発の作品提出日ですね。映像班の皆さんは進捗いかがですか?

余裕をもって編集している意識の高い委員ならば、そろそろ1回書き出そうとしている頃合いだと思います。
新入生も多く入会してくれて良い機会だと思うので、ここで作品提出形式をおさらいしていきます。

 

プロジェクトパネル(大体左上にあるパネル)から書き出したいシーケンスを選択し
メニューバーから《ファイル》→《書き出し》→《メディア》と進みます。ファイルメディア
※書き出し中に編集ソフトが落ちることがよくあるので、書き出し前には必ずプロジェクトの保存をしましょう。

書き出し設定

新しくこのようなウインドウが出てくるので、基本的には上記の画像に従ってください。

形式H264 これは必ず守ってください。

出力名: 委員会室の編集機だと書き出し先がわからなくなることがあるので必ず確認してください。クリックで書き出し先を変更できます。

基本ビデオ設定: 基本的にこの設定でお願いします。解像度はFHD(1920*1080)まで対応してます。これ以下なら好きな値でも大丈夫です。

フレームレートはFHDの場合30fpsを超えないようにしてください。HDの場合は60fpsまで可能です。

フィールドオーダーはこだわりがなければプログレッシブでお願いします。

プロファイルメインまたはハイにしてください。(出力結果に若干の違いが出ますがどっちでもいいです、好きな方を使ってください。)

レベル4.1以上ですとメディアプレイヤーで再生できなくなることがあります。どうしてもFHD60fpsで提出したい人は相談してください。

ビットレートですが最大ビットレートを15Mbps以上にしないでください。
画像ではVBR(可変ビットレート)になっていますが、
CBR(固定ビットレート)でも問題ありません。
書き出し速度が『CBR>VBR1パス>VBR2パス』になるので急ぎの場合はCBRをお勧めします。

 

書き出し時のトラブルはかなり多いので余裕をもって編集にあたってください。
全ての作品を落とすことなく上映できることを祈っています。それではまたの機会に…

四家

余談ですがブログを書いてくれる1年生を募集しています。

割と簡単に書けるようになっているので、興味のある人はぜひお願いします($・・)/~~~

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です