イヤホンの端子

こんばんは。

 

副委員長になってからの目標は「いち早く自分の印鑑が売っているお店を探すこと」です。とがるです。探す暇もない社畜です…。ひいい…。

 

ひさびさのブログ更新ですが、今日は最近ふと気になった疑問をひとつここで。

 

タイトルにも付けました「イヤホンの端子」についてです。

 

 

私自身、イヤホンに強いこだわりはなく、シャカシャカ鳴らないイヤホンで付け心地がよければなんでもいいかなと思っていますが、この前はヨドバシカメラで1時間じっくり聴き比べて3000円くらいのイヤホンを買いました。3000円の次は8000円だったのでちょっと渋りました。

最近はわざわざ買わなくてもWALKMANなどの付属品もいいものがついていますしね、すごい。

 

ちなみに。

一般的に知られているイヤホンの端子にあるラインの数は2本です。

 

iPhoneユーザーの方は分かると思いますが、iPhoneについてくるイヤホンの端子は3本ラインがありますね。

 

 

この前WALKMANを買ったのですが、その付属品のイヤホンの端子のラインは4本でした。

初めて見たので驚きました。

 

結論から先に言うと、

2本=ステレオ

3本=リモコンマイク

4本=ノイズキャンセリング

に対応しています。(3.5mmプラグ・ミニプラグの場合)

 

ここで無駄話ですが。

2.5mmプラグは「マイクロプラグ

3.5mmプラグは「ミニプラグ

6.35mmプラグは「フォーンプラグ」と呼ばれます。

 

3.5mmはイヤホンに使われるサイズで、6.35mmはヘッドホンやシールドなどに使われるサイズですね。

phoneplag

 

端子の部分にはそれぞれ名前があります。

   スリーブ(S

   リング(R

   チップ(T

   絶縁リング

 

このスリーブ・リング・チップの名称を利用してプラグにはそれぞれ名前がついています。

この写真の場合、上の場合は先端から「チップ・リング・スリーブ」なので「TRSフォーンプラグ」。下の場合は上のものと比較してリングの部分がないので「TSフォーンプラグ」と呼ばれます。

 

このTRSフォーンプラグは3つの接点を持ち、3種類の信号をやりとりする「3極」のプラグです。

 

2極の場合、「信号本流+グラウンド」の2系統を流すのでモノラルになり、3極になると「左+右+グラウンド」で3系統流すことができ、ステレオになります。

 

そうなると、4極の場合は「左+右+グラウンド」に加えて「マイク」の機能がついていることが分かります。

 

 

さてでは。4本線の5極の場合はどうなるのかというと

 

そもそもノイズキャンセリングとは、簡単に言えば音楽を聴いている際の周りの騒音を掻き消すという機能です。

 

これは周囲の騒音をイヤホンの内蔵マイクで拾い、音を解析して騒音自体の逆位相の音を流すことで騒音を掻き消しています。

 

これを実現させるために、ノイズキャンセリング対応のイヤホンには「左+右+グラウンド+左のマイク+右のマイク」で5系統必要だというわけですね。

 

ちなみに。

4極、3極と2極のイヤホンの端子のそれぞれの絶縁リング間の幅は統一されていますが、5極だけはリング間の幅もリングの細さも全然違います。

 

ほらほら。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-11-20-17-13

 

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-11-20-17-47

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-11-20-18-04

 

(写真の撮り方へたくそかー(笑))

 

 

これは5極端子以外のイヤホンを挿しても聴こえるように本体が設計されているためです。だいたいのノイズキャンセリング対応のミュージックプレイヤーではメス側(本体)の4極・5極端子に3極のイヤホンを挿すことも想定したうえで設計がされています。

 

逆に。

本体側が3極・2極にしか対応していない場合だと、右だけ聞こえないというケースも出てくるわけですね。

 

私は実際に5極端子のイヤホンをPCに繋いで「右が聞こえないえ!これ不良品じゃないの!?」って言ったことがあります。()

 

 

皆さんはご存知でしたか?

私が知らなかったという理由で調べたついでに記事にしてみました。

 

私はノイズキャンセリング対応のWALKMANを買ったにもかかわらず3極のイヤホン使っています。()

 

 

とがるでした。

 

 

番外編で少し。

 

2年前くらいに「ヘッドホン女子」というのがZIPで特集されたそうなのですが、音楽通の方は「小柄で華奢な女子が”あえて”ごついヘッドホンをしている」というギャップがたまらないそうで。

 

私が見つけた割とごつめ(見た目がすごいなと思った)のヘッドホンを一つ。

 

KOSS オープン型オーバーヘッドヘッドホン 折りたたみ式 PORTAPRO

 

61y3fxkl6l-_sl1500_

 

Photo by: https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0007XD5FW/itsoku-22/ref=nosim/

 

定価は10000円前後だそうです。

これ実は眼鏡をかけながらも装着できるそうなんです。

 

全国の眼鏡女子のみなさん、いかがですか?

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です